出版事業

トップページ >> 出版事業:経団連出版 今、話題の本一覧 >> 改訂チームビルディングの技術

経団連出版 【今、話題の本】詳細

お問い合わせは:TEL 03-6741-0043

ご注文について カートの中を確認する(購入) 【今、話題の本】一覧へ戻る
カートに入れる 改訂チームビルディングの技術
関島康雄著
四六判 208頁
定価 1,620円
ISBN978-4-8185-1902-2

内容ともくじ
【新刊】 待望の改訂版が2019年5月に発行となりました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなを本気にさせるマネジメントの基本18
◆強いチームが仕事をおもしろくする
◆一人ではつくり出せない変化をつくる
◆多様な意見が、新しい切り口をもたらす

企業は製品をどうつくるか(how to make)から、何をつくるか(what to make)に変化してからだいぶたつ。今日では、さらに進んで「どう変えるか」(how to change)が最大の課題となっている。環境条件が激しく変化する時代には、強いものが生き残るのではなく、環境変化に対応できたものが生き残るからだ。

どうやって変化にすばやく適応していくのか、という問いに、リーダーが答えをもっているとは限らない。そもそも、問題が複雑になると、組織の責任者がいつもリーダーとしてふさわしいとは限らず、問題ごと、問題解決のステップごとに違う人をリーダーとしたほうが効率がよい場合も生じる。このような複雑な問題に取り組む際にとられる方法の一つが、チームによる解決である。

しかし、いろいろな専門家を問題解決に向けて努力させ、一定期間のうちに、ひとつの結論を出すのは簡単なことではない。そこでは、「仕事を通して成長する仕掛け」が絶対に必要であり、「勝っても負けても一試合ごとに強くなるチーム」の存在が不可欠である。ここに、チームをつくる力、チームビルディングの技術が求められる。

本書では、「仕事は大変だが、おもしろい」と感じる人がふえ、行動に変化が生まれること、協力して仕事をする組織文化を生み出すこと、失敗からも多くを学び、チームで問題解決に取り組むことをめざす方法を具体的、詳細に解説する。


<目次>
T なぜ本格的なチームが必要となるのか
   従来と同じ方法は続けられない/複雑な問題の解決にはチームが必要になる/
   チームワークは活動でつくるもの/どのように変えたいか、はっきりした目標が必要/
   人を育てなければチームの意味がない
U どうすれば本格的なチームがつくれるか
   三つの局面を経てチームはでき上がる/メンバー集めは多様性と異質性がカギ/
   わくわく度の高い目標を掲げよう/チームを動かすには手順の合意が大切/
   新しい発見を生む行動ルールを定める/「発見」をもとに軌道修正を行なう
V どうすれば人を育てるチームになるのか
   経験と理論をつなぐ仕掛けを考える/活動を振り返って「Ah-Ha」を整理する/
   負けたときのほうがよく育つ/決めつけずに期待して鍛えよう/
   チームの責任はロールモデルの提供/一皮むける体験の機会をつくる
【今、話題の本】一覧へ戻る

このページの上部へ