経団連事業サービス
経団連事業サービス

出版事業

トップページ  >> 出版事業:労働経済判例速報

労働経済判例速報

旬刊 労働経済判例速報
  • 判型 B5判 約30〜40ページ
  • 発行 毎月10日、20日、30日
  • 購読料 年間 15,120円(税・送料込み)
経団連事業サービス
旬刊 労働経済判例速報「労働経済判例速報」は、労働判例や労働委員会命令の中から、特に重要なケースを厳選し公正な論説・解説を加えて読者に迅速にお届けします。職場における労使関係のトラブル防止のためにも役立ちます。
昭和25年の創刊以来、望ましい人事管理、健全な労使関係の確立をめざす法律指針として発行してきました。これからも引き続き時宣に適した判例や命令を取り上げ紹介していきます。法務担当者はもちろん経営者、管理者、総務、人事・労務、教育の各担当者にも必読の情報誌としておすすめします。
経団連事業サービス
【収録裁判例】
  • 就業規則の変更による年功型から成果主義型への賃金制度の変更を有効とした例
  • 出向元会社を定年退職した出向者を出向先会社が再雇用しないことは不当ではないとした例
  • 女性職員らに対するセクハラ発言を理由とする減給処分が取消された例
  • 会社および代表者の自宅近隣における組合の街宣活動の差し止めを相当とした例

お申込みはこちら

オンラインサービスのご案内

日本法総合オンラインサービス<Westlaw Japan>が
「労働経済判例速報」をオプションコンテンツとして提供中

「労働経済判例速報」をオプションコンテンツとして提供中

このページの上部へ

経団連事業サービス