セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :2016年度人事賃金担当者実務講座<賃金・職能・考課・賞与・退職金>(選択式)

2016年度人事賃金担当者実務講座<賃金・職能・考課・賞与・退職金>(選択式)

〜人事賃金担当者必須知識と最近の潮流を学ぶ〜
     <全5講座(自由選択式)>

 人事賃金センターでは、人事・賃金制度を基礎から学びたい方、最近の潮流や今後の方向性を知りたい方、などを対象とする「人事賃金担当者実務講座」を毎年開講しております。
 本講座は、経団連が提言した「仕事・役割・貢献度を基軸とした賃金制度の構築・運用に向けて」の内容を、より具体的かつ実務的に展開したものとなっており、今後の人事処遇制度の見直し方法や考え方について解説いたします。 
 具体的には、人事処遇制度に関して、人事賃金担当者として求められる必須知識として5つの講座を取り上げ、その中からご関心のある講座を、どれでも、自由に、いくつでも組合わせて選択受講いただけるほか、午前講座と午後講座の2つの時間帯を設け、お仕事のご都合に合わせて講座時間を選択できます。また少人数制ですので、講師への質問や意見交換等も行なえます。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

各講座名と主な内容: 

@仕事・役割・貢献度を基軸とした賃金制度
 仕事や役割ベースの賃金制度設計方法について学びます。特に、定型的職務と
 非定型的職務といった職務の違いに応じた望ましい賃金制度のあり方を、事例も
 交えて解説します。
  T.経営環境の変化と人事賃金システムの問題点
  U.人事賃金システム改善の方向性
  V.多立型賃金体系の考え方
  W.職種別賃金制度の事例 等

A職能資格制度の再設計
 多くの会社で年功的運用に陥ってしまっている職能資格制度の人基準から仕事基
 準への再設計方法を解説します。具体的には職能資格基準の見直し方法、職務
 調査手法等を紹介いたします。
  T.職能資格制度の枠組み
  U.職能資格基準の設定
  V.職務調査の実施
  W.昇格基準の作成 等

B仕事基準の納得性を高める人事考課制度
 人事制度の職務・成果主義志向が強まる中、運用の鍵を握る人事考課制度の基
 本とあり方を解説します。年功的運用から脱却し、納得性の高い考課制度設計の
 ポイントを紹介します。
  T.従来の人事考課の問題点と新しい人事考課の仕組み
  U.考課基準の設定
  V.能力考課基準、業績考課基準
  W.職務行動、態度・意欲考課 等

C業績・貢献度反映型賞与の考え方
 会社業績や部門業績あるいは個人の業績・貢献度を反映した賞与制度の類型を
 解説するとともに、どのように原資配分するかの具体的な計算例等を紹介します。
  T.業績連動型賞与の種類・類型
  U.会社業績、部門業績、個人業績との連動
  V.支給原資の計算方法
  W.部門業績、個人業績の配分計算例 等

D退職金制度を取り巻く環境と再構築
 退職金制度の主な種類とそのメリット・デメリット等を解説するとともに、ポイント
 制・前払い制や確定拠出年金等の代表的な導入事例と特徴を紹介します。
  T.退職金制度の種類と現状
  U.退職金見直しの動向(ポイント制、前払い制など)
  V.最近の見直し事例とポイント 等

日程&時間: <2016年10月〜2017年3月>
T.午前の部(10時00分〜12時40分)
 @仕事・役割賃金制度 1月25日(水)
 A職能資格制度    10月19日(水)、3月22日(水)
 B人事考課制度    11月21日(月)
 C賞与制度        2月27日(月)
 D退職金制度      12月21日(水)

U.午後の部(14時00分〜16時40分)
 @仕事・役割賃金制度 10月6日(木)、12月21日(水)、3月10日(金)
 A職能資格制度     12月7日(水)、2月27日(月)
 B人事考課制度     10月19日(水)、1月11日(水)、3月22日(水)
 C賞与制度        11月7日(月)、1月25日(水)
 D退職金制度       11月21日(月)、2月6日(月)

*講座の事前の振替え・日程変更もお受けします。ただし原則、1講座につき1回
  限り、開催日前日までに必ずご連絡ください。当日欠席の場合はお振替えでき
  ません。

場 所: 経団連事業サービス・会議室
      東京都千代田区大手町1-3-2(経団連会館19階)

講 師: 経団連事業サービス 人事賃金センターシニアフェロー  吉田 純一
                   人事賃金センター長          平田 武
              *上記のどちらかが担当します。講師略歴は以下をご参照
http://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/seminar/index.php?mode=show&seq=202

定 員: 各講座10名(先着順)

参加費: 人事賃金センター会員  9,720円(9,000円+消費税720円)
(1講座)             一般 14,040円(13,000円+消費税1,040円)
 *一般の方はセンター会員にご入会いただきますと会員価格でお申込頂けます。
  なお新規ご入会の上、本講座お申込の場合、年度会費の3ヵ月分
  (約3万円相当分)を特別にご優待します。詳しくはお問い合わせください。
 *講座ごとに、別々の方がご参加いただいても結構です。また参加者変更・代理
  出席も可能です。

申込要領: 以下のPDFより、本講座の案内と申込用紙をダウンロードできます
       ので、お手数ですがプリントアウトしていただき、申込用紙に必要事項
       ご記入の上、FAXでお申込下さい。詳細な要領は同案内に記載しており
       ますのでご確認ください。
※本講座の「案内ちらし&申込用紙」はこちら
  ↓ ↓

このページの上部へ