セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :事例研究会「TISの処遇制度改革と65歳定年制度」(2月12日)

事例研究会「TISの処遇制度改革と65歳定年制度」(2月12日)

〜 実力主義を徹底し65歳まで同一処遇制度を適用 〜

 TISでは、誰もが年齢に関係なく実力に応じて活躍できる環境の整備を目指し、処遇制度の年齢要素を払拭して実力主義を徹底し、基本給・賞与、人事評価等の処遇制度が60歳以降も変わらない「65歳定年制度」を、2019年4月より導入する。
 本研究会では、同社の処遇制度改革と65歳定年制度の目的や概要を紹介していただく。

@65歳定年制度と選択定年制の導入
 (定年年齢を60歳から65歳へと延長するとともに、選択定年制を導入し、60歳、
  63歳での定年退職も可能に)

A実力主義処遇制度への改定
 (従来は55歳で職責と報酬がともに逓減し、60歳定年後もグレード別定額で再雇用
  していたが、定年延長後は55歳以降も現行職務と報酬を継続し、60歳以降も原則
  変更無し。なお組織長は60歳で役職定年となるが、高度専門職の「ハイエンドプロ
  フェッショナル職」に認定されると60歳以降も60歳以前と同じ処遇体系を継続)
 ほか

<開催概要>

講 師: TIS株式会社 人事本部人事企画部長 小泉 靖彦 氏

日 時: 2019年2月12日(火)14:30〜16:30

会 場: HSB鐵砲洲ビル・1階会議室 (東京都中央区湊1-1-12)
       ※地下鉄日比谷線「八丁堀駅」徒歩5分、JR「八丁堀駅」徒歩3分

参加費: 人事賃金センター会員: 無料(センター会員のみ会員扱い)
                 一般: お1人様 6,480円(6,000円+消費税480円)
      (人事賃金センターは、独自の会員をもって組織・運営しております) 

★申込フォームに必要事項を入力の上、2月7日(木)までにお申し込みください。
★参加証は発行しておりません。当日受付でお名前ご確認申し上げます。
★一般の方には、申込受領後に請求書をお送りします。参加費は原則として開催
  前日までに、請求書記載の銀行口座へお振り込みください。開催後となる場合
  は、フォームの中の「ご質問等」の欄に、お振込予定日をご記入ください。
  振込手数料は貴方にてご負担願います。
★参加お取り消しは開催前日までにご連絡ください。当日のお取り消し(欠席含む)
  は、キャンセル料として参加費全額を申し受けます(一般ご参加者)。その場合、
  ご入金を確認させていただいた後に、資料をお送りいたします。
★以下お申込にてお預かりした個人情報については、当法人の個人情報保護規程
 にもとづき、安全かつ適正に管理いたします。なお個人情報のうち、「会社・団体
 名、所属・役職、ご氏名」については、講師ならびに講師関係者の方にのみ提供
 させて頂きますので予めご了承下さい。

照会先 : 人事賃金センター 平田、多田
       電話:03-6741-0047

※会場地図を以下のPDFよりダウンロードできます
  ↓ ↓
お申込みはこちら

このページの上部へ