セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :コーポレート戦略に関するセミナー「有価証券報告書記述情報他」 (9月18日)

コーポレート戦略に関するセミナー「有価証券報告書記述情報他」 (9月18日)

〜有価証券報告書の記述情報・コーポレートガバナンス状況の新しい開示について〜

 中長期的な企業価値向上に向けた投資家との建設的対話の促進に注目が高まる中、2019年3月期の有価証券報告書から、役員報酬や政策保有株式等の「ガバナンス情報」の拡充が求められ、そして20年3月期の有報からは、経営者の認識や視点を具体的に記載する「記述情報(非財務情報)」の拡充が求められることとなります。
 「ガバナンス情報の拡充」では、業績連動報酬や報酬決定プロセスに関する役員報酬や政策保有株式、企業統治の体制の概要に関する新しい開示が、各社において実際にどのような形で行われているかに注目が集まっており、また、「記述情報」では、「経営者目線での情報開示」が求められ、前年からの変化を明示する創意工夫も期待されていることから、20年3月期の有報開示に向け、具体的にどのような準備を進めていけばよいかについて、関心が高まっているところかと存じます。
 そこで、経団連事業サービスでは、森・濱田松本法律事務所の協力のもと、コーポレートガバナンス情報や記述情報に関する有報の新しい開示について、その狙いや経営者に求められる取り組みなどを詳説いただくことといたしました。
 これらの新しい展開を把握し、御社の実践的な取組みに資する機会として、ご担当役員および関係部署実務ご担当者の方々にご参加いただきたく、ご案内申しあげます。

1. 日 時 2019年9月18日(水) 9:00〜12:00
2. 場 所 経団連会館 2階 経団連ホール南
3. テーマ1) 有価証券報告書の記述情報について
         講師 森・濱田松本法律事務所  鈴木 克昌 弁護士
          <具体的な内容>
           記述情報(非財務情報)の役割
           企業内容等開示府令改正(2020年3月期から適用)
           のポイント
           金融庁「記述情報の開示に関する原則」
           金融庁「記述情報の開示の好事例集」
           (ベストプラクティス)
   テーマ2) コーポレートガバナンス状況の新しい開示について
         講師 森・濱田松本法律事務所  奥山 健志 弁護士
          <具体的な内容>
           ガバナンス情報の開示拡充のねらい
           役員報酬に関する開示の状況
           政策保有株式に関する開示の状況
           企業統治の体制に関する開示の状況
4. 参加費 24,840円(本体23,000円+消費税1,840円)
5. 定 員 100名(原則、先着順。定員になり次第締切)

 【本件問合せ先】
  経団連事業サービス 研修グループ
  TEL: 03-6741-0042、FAX:03-6741-0052
  E-mail: cogov@keidanren-jigyoservice.or.jp

詳細はこちら
 ↓ ↓ ↓
お申込みはこちら

このページの上部へ