セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :高齢者雇用拡大・実務&事例研究セミナー(11月25日)

高齢者雇用拡大・実務&事例研究セミナー(11月25日)

 〜高齢者雇用のポイント解説と定年延長企業事例を紹介〜

 少子高齢化、人口減少が急速に進行する中、高齢者の活用・活躍推進は、企業経営上の重要な課題であり、今後ますますその必要性は高まってくることが予想されております。
 政府も本年5月の未来投資会議で「70歳までの雇用確保の努力を促す法案」を来年の通常国会に提出する準備を行うことを宣言しており、高齢者雇用の拡大は企業経営上の問題のみならず、法律的にもますますその要請が強まってきているところでございます。
 しかしながら、高齢者雇用の拡大にあたっては、加齢に伴う健康上の個人別格差が拡大するといった問題のほか、60歳以降は職務内容や職責を変更するのかしないのか、それに伴って処遇をどのように設定するのか、人件費はどう変わるのか、またモチベーションはどのようにしたら維持できるのか、多様な働き方の選択肢をどこまで提供できるのか、そもそも定年延長で対応するのか再雇用で対応するのかなど、さまざまな要素を検討したうえで、自社にとって最もふさわし雇用・処遇形態を設計する必要がございます。
 そこで本セミナーではまず前半に、高齢者雇用制度を設計又は見直しする場合のポイントについて、人事賃金センターの但田主任アドバイザーより解説するとともに、後半では65歳定年延長を実施した事例として、段ボール業界最大手の「レンゴー」様と、IT企業の「AGS」様のご担当者の方より、両社の高齢者雇用の取組みをご紹介頂きます。ぜひご参加ください。

<概 要>

日 時: 2019年11月25日(月) 14:00〜17:20

会 場: 三田NNホール&スペース・スペースD *定員50名
     (東京都港区芝4-1-23)
     ※JR「田町駅」徒歩5分、地下鉄三田線「三田駅」A9出口直結

内 容: @14:00〜15:00 「60歳以降雇用の制度設計ポイント」
      (一社)経団連事業サービス・人事賃金センター
                    主任アドバイザー 但田 潔
       ・65歳までの雇用パターンと定型・非定型別検討ポイント
       ・賃金カーブの考え方とパターン ほか

     A15:10〜16:10 「レンゴーの“65歳定年”」
      レンゴー梶@人事部担当部長代理兼女性活躍推進室長
                          伊藤 嘉寿代 氏
       ・「生涯現役」をスローガンに、2019年4月より「65歳定年」を導入 
       ・60歳以降も59歳までの処遇を維持
       ・一律的な役職定年を設けず、現役世代と同様の活躍を推進

     B16:20〜17:20 「AGSの“65歳定年延長と70歳再雇用制度”」
                 AGS梶@人事部長 渡辺 益司 氏
       ・将来的な人材不足等への対応を目的に、2018年4月に定年を65歳に延長
       ・60歳以降は退職年齢を選択できる「選択定年制」を導入。
        また65歳の定年退職後、さらに最長70歳までの再雇用も可

参加費: 人事賃金センター会員 14,300円(13,000円+消費税1,300円)
                 一般 20,900円(19,000円+消費税1,900円)

★申込フォームに必要事項を入力の上、11月21日(木)までにお申し込みください。
  また、以下のPDFより「案内ちらし」をダウンロード・プリントアウトいただき、ちらし
  内の申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込み頂いても結構です。
★申込書受領後、参加証、ご請求書ならびに会場地図をお送りします(代理出席も
  可能です)。
★参加費は、原則として講座日前日までにお振り込みください。開催後のお振込と
  なる場合はフォームの中の「ご質問等」の欄に、お振込予定日をご 記入ください。
  振込手数料は貴方にてご負担願います。
★参加お取り消しは講座日前日までにご連絡ください。講座日以降のお取り消しや
  当日ご欠席の場合は、キャンセル料として参加費全額を申し受けます。その場
  合、後日(ご入金を確認させていただいた後に)、資料をお送りいたします。

照会先 : 人事賃金センター 平田、昼間
      TEL.03-6741-0047 / FAX.03-6741-0051

※本講座の「案内ちらし」を以下のPDFよりダウンロードできます
  ↓ ↓
お申込みはこちら

このページの上部へ