セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :第123回「経団連労使フォーラム」(2020年1月28日・29日)

第123回「経団連労使フォーラム」(2020年1月28日・29日)

〜 総合テーマ 〜
  「働き方改革は次なる段階へ
    〜付加価値の増大で生産性を向上させる」

 経団連労使フォーラムは、全国各地から企業経営者や人事労務担当者が一堂に会し、春季労使交渉・協議について、課題認識を共有する場として定着しおります。 
 本フォーラムでは、経団連が、毎年1月に発表予定の「2020年版経労委告」の解説を行うとともに、エコノミストによる経済講演、鼎談やパネル討議、労働組合トップ・労務担当役員による講演、著名人による特別講演など通じて、今後の経営戦略を考え、問題解決への処方箋を模索します。
 春季労使交渉・労使協議に向けた貴重な情報を得る機会として、本フォーラムをご活用ください。
 
[第1日] 2020年1月28日(火)
10:30〜10:40
 開会挨拶
  中西 宏明 経団連会長
10:40〜12:00
 経済講演「2020年・日本経済の行方」
  新家 義貴 第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト
13:00〜14:00
 解説「2020年版『経労委報告』について」
  椋田 哲史 経団連専務理事
14:15〜16:05
 鼎談「生産性向上を実現する人材戦略」
  大橋 徹二 コマツ会長/経団連経営労働政策特別委員長
  遠藤 信博 日本電気会長/経団連審議員会副議長
  守島 基博 学習院大学副学長経済学部経営学科教授
16:15〜17:15
 講演「『働くことを軸とする安心社会』の実現に向けて」
  神津里季生 連合会長

[第2日] 2020年1月29日(水)
9:00〜10:30
 企業労務担当役員による講演 「今次労使交渉に臨む方針」
10:40〜12:10
 産別労組リーダーによる講演 「今次労使交渉に臨む方針」
  松浦 昭彦 UAゼンセン会長
  高倉  明 自動車総連会長
  神田 健一 基幹労連中央執行委員長
13:10〜15:10
 パネルディスカッション
 「エンゲージメントを高める各社の取組み」
 【パネリスト】
  松井 明雄 花王執行役員
  久保田美紀 スターバックスコーヒージャパン人事本部長代理
  小林 賢也 東京海上日動システムズ取締役人事担当役員
 【コーディネーター】
  山本  寛 青山学院大学経営学部経営学科教授 
15:25〜16:25
 特別講演
 「パラリンピックを契機とした障がい者との共生社会の実現に向けて」(仮)
  田口 亜希 日本郵船広報グループ/射撃パラリンピアン

 ※プログラム内容は現段階のものであり、変更となる場合があります
 ※参加証とご参加請求書をお送りするのは、12月中旬頃になります

【募集要項】
○会 場
 経団連会館 2階 国際会議場
 東京都千代田区大手町1-3-2 / TEL:03-6741-0222
○参加費
 経団連会員  71,500円(65,000円+消費税6,500円)
 一   般  82,500円(75,000円+消費税7,500円)
  ※資料代、昼食代含む
○定 員
 250名(先着順)
  ※定員になり次第、締め切らせていただきます
 
     【本件お問合せ先】 
      経団連事業サービス/研修グループ TEL:03-6741-0042
      LMforum@keidanren-jigyoservice.or.jp
お申込みはこちら

このページの上部へ