研修事業

トップページ >> 研修事業:研修・フォーラム一覧 >> 労使フォーラム

労使フォーラム

第112回日本経団連労使フォーラムは終了いたしました

労使フォーラム
労使フォーラム

日本経団連労使フォーラムは、毎年年初に開催し、全国各地から企業経営者や人事労務担当者が一同に集い、春季労使交渉を中心としたさまざまな課題を聴取、勉強する場として定着しております。また、今後の企業の経営戦略やあるべき姿を模索する機会にもなっています。

さて、2007年夏に発生したサブプライム・ローン問題は、2008年9月の米国大手証券会社の経営破綻をきっかけに、一気に世界的な金融危機へと発展し、その影響が世界経済全体に及んでいます。その余波により、わが国の株式市場や為替市場が大きく変動し、実体経済も悪化の一途をたどっており、今後、雇用への影響が本格化してくることが懸念されます。

こうした中、「激動の時代を切り拓く〜労使一丸となって新たな飛躍を」をテーマにした今回は、春季労使交渉に臨む労使双方の基本姿勢を基軸としながら、未曾有の難局を乗り切るための処方箋を探るとともに、オバマ新大統領が来年1月に就任するアメリカが世界的な経済危機にどういう役割を果たしていくのかを考えます。

1日目【1月8日(木)】

敬称略

10:00〜
10:45
開会挨拶・基調講演
御手洗 冨士夫
日本経団連会長・キヤノン会長
 
(休憩 15分)
11:00〜
12:00
講演

「2009年・日本経済の行方」 

伊藤 元重
東京大学大学院教授
 
(昼食 60分)
13:00〜
14:00
講演

「2009年版『経営労働政策委員会報告』について」

川本 裕康
日本経団連常務理事
 
(休憩 10分)
14:10〜
15:50
鼎談

「挑戦を続ける経営とは」

大橋 洋治
全日本空輸会長
鈴木正一郎
王子製紙会長
高木 晴夫
慶應義塾大学大学院教授
 
(休憩 10分)
16:00〜
17:00
講演

「労働組合が果たすべき役割」

團野久茂
連合副事務局長 

2日目【1月9日(金)】

敬称略

9:15〜
10:30
産別労組リーダーの講演

「今次労使交渉に臨む方針」

西原浩一郎
自動車総連会長
中村 正武
電機連合中央執行委員長
河野 和治
JAM会長
 
(休憩 10分)
10:40〜
12:10
企業労務担当役員による講演

「今次労使交渉に臨む方針」

宮崎 直樹
トヨタ自動車常務役員
大野 健二
日立製作所執行役常務
平山誠一郎
J.フロント リテイリング執行役員業務本部人事部長
 
(昼食 60分)
13:10〜
14:50
パネルディスカッション

「全員参加型社会の人事・賃金・雇用戦略」

パネリスト

浦元 献吾
キヤノン執行役員人事本部長
明比 実也
島屋執行役員人事部長
青木  寧
花王執行役員人材開発部門統括

コーディネーター

吉田  寿
三菱UFJリサーチ&コンサルティング プリンシパル
 
(休憩 10分)

15:00〜
16:00

特別講演

「世界潮流の中の日本〜アメリカ新大統領就任を前に」

手嶋 龍一
慶應義塾大学教授
16:00

閉会挨拶

詳細

日  時
2009年
1月8日(木)10:00〜17:00
1月9日(金) 9:15〜16:00
場  所
グランドプリンスホテル新高輪(飛天)
東京都港区高輪3-13-1
TEL:03-3442-1111
定  員
450名(先着順)
申込方法
参加申込書に所定事項をご記入の上、日本経団連事業サービス研修担当へご送付ください。
締め切り
2008年12月24日(水)
参加費
(消費税込)
会 員 55,000円(企業会員、団体会員)
一 般 65,000円
支払方法
○参加費は原則として銀行振込でお願いします。
○締切日以降のお取り消しおよび当日欠席は、 関係資料をお送りし、参加費は申し受けます。
○お申し出があれば領収書を発行いたします。
宿  泊
ご希望の方は、宿泊申込書に必要事項をご記入の上、12月26日(金)までに、西武トラベル(株)旅行センター宛、FAX願います。
FAX:03-5296-2634
申込・
問合せ先
日本経団連事業サービス
事業部門 研修担当
〒100-8187
千代田区大手町1-9-4 経団連会館3F
TEL:03-5204-1926 FAX:03-5204-1945

会場ご案内

グランドプリンスホテル新高輪「飛天」
クリックすると拡大地図が表示されます

※クリックすると拡大します。

このページの上部へ