セミナー一覧

トップページ >> セミナー一覧 >> :パワハラ・セクハラ・マタハラ 初動&相談対応実務セミナー(4月26日)

パワハラ・セクハラ・マタハラ 初動&相談対応実務セミナー(4月26日)

〜トラブルを回避するハラスメント相談における初動対応〜

 パワハラやセクハラ、マタハラなどいわゆるハラスメント問題は、近年マスコミ等で大きく取り上げられるようになってきておりますが、もし自社でこうしたハラスメントが発生し、適切な対応をせずに問題がこじれてしまった場合には、裁判所をはじめとした公的機関に持ち込まれるのみならず、社会的にもいわゆるブラック企業として報道されるなどのレピュテーションリスクを負うこととなり、企業の存立にもかかわるほどの重大な影響を与えます。
 このようなハラスメントは、未然に防止することが一番重要ですが、仮に問題が発生したとしても、大事になる前にその芽を見つけ出し、「初動」(最初の手当)できちんと対応できれば、大きなトラブルへと発展する事態を防ぐことができます。
 そこで本セミナーでは、長年、企業や官公庁でカウンセリングに従事してきた日本産業カウンセリングセンター理事長の野原蓉子先生をお招きし、ハラスメントに対する基本的な知識から、「ハラスメントを受けた」と相談されたときの初動対応までを、ヒアリングの仕方、相談相手の信頼を得られる話し方、解決に至るステップなどについて成功例、失敗例、改善例を交えて紹介します。
 なお、本セミナー参加の特典として、講師著書の「パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く」を謹呈します。企業の相談窓口担当者や管理職が、ハラスメント相談にあたる際の問題解決の道しるべとして、ぜひご参加ください。

<セミナー概要>

日 時: 2019年4月26日(金)14:00〜16:30

場 所: 日本印刷会館・2階会議室 (東京都中央区新富1-16-8) 
      *地下鉄有楽町線「新富町駅」出口徒歩2分

内 容: ・ハラスメントの基礎知識と初動対応の重要性
      ・相談窓口の役割と相談への対応法
      ・ヒアリングの成功と失敗の違い
      ・事例から学ぶケース別対応ポイント
      ・「解決できるか」「こじれるか」の分岐点 ほか

配布書籍: 「パワハラ・セクハラ・マタハラ相談はこうして話を聴く」(参加特典)
       ※書籍内容は以下参照 ↓↓
https://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/public/book/index.php?mode=show&seq=487&fl=

講 師: 日本産業カウンセリングセンター・代表取締役理事長 野原 蓉子 氏
     《 講師プロフィール 》
      埼玉大学教育学部卒業。
      教職を経て1976年日本産業カウンセリングセンター設立。
      金融機関、メーカーなど数多くの企業で3万名以上の予防的カウンセリング
      を行ってきたほか、メンタルヘルスの相談、管理者の相談も数多く受ける。 
      労働省(現厚生労働省)セクシュアル・ハラスメント調査研究会委員の役職
      を歴任。官公庁・大学等での講演、研修も続けている。
      「セクハラ防止ガイドブック」など著書多数。

参加費: 人事賃金センター会員
       または経団連会員 15,120円(14,000円+消費税1,120円)
                一般 21,600円(20,000円+消費税1,600円)

定 員: 50名(先着順)

★申込フォームに必要事項を入力の上、4月24日(水)までにお申し込みください。
  また、以下のPDFより「案内ちらし」をダウンロード・プリントアウトいただき、ちらし
  内の申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込み頂いても結構です。
★申込書受領後、参加証、ご請求書ならびに会場地図をお送りします(代理出席も
  可能です)。
★参加費は、原則として講座日前日までにお振り込みください。開催後のお振込と
  なる場合はフォームの中の「ご質問等」の欄に、お振込予定日をご 記入ください。
  振込手数料は貴方にてご負担願います。
★参加お取り消しは講座日前日までにご連絡ください。講座日以降のお取り消しや
  当日ご欠席の場合は、キャンセル料として参加費全額を申し受けます。その場
  合、後日(ご入金を確認させていただいた後に)、資料をお送りいたします。

照会先 : 人事賃金センター 平田、多田
      TEL.03-6741-0047 / FAX.03-6741-0051

※本講座の「案内ちらし」を以下のPDFよりダウンロードできます
  ↓ ↓
お申込みはこちら

このページの上部へ