一般社団法人 経団連事業サービス

検索

社内広報センター

トップページ > 社内広報センター概要/入会のご案内

センター概要/入会案内

ご挨拶・概要(入会案内)

社内広報センターは、日経連(現経団連)の事務局組織のひとつとして1962年に発足して以来、企業・団体における社内広報活動の健全な発展に資するため、社内広報実務担当者の相互啓発を図ることを目的とした活動を展開しています。
当センターは独自の会員組織を持ち、会員情報誌の発行や「社内報なんでも相談室」「社内報閲覧室」といった会員限定サービスのほか、「経団連推薦社内報審査」の実施、各種実務セミナーの開催を通して、経営に不可欠な社内コミュニケーションの活性化に向けアドバイス・情報提供を行っています。
ぜひとも入会をご検討くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

社内広報センターの活動と会員サービス

1 会員情報誌 「コミュニケーション シード」(会員限定・無料)

各社・団体の社内広報事例や社内報講評、担当者インタビュー、企画、レイアウト、文章の書き方や校正校閲のポイントなど、社内報編集にすぐに役立つ情報を掲載する「社内広報の部」と、歳時記、海外情報といった記事やパズル、占いなど、会員各社・団体が発行する社内報に転載が可能なコンテンツをご提供する「編集資料の部」の2部構成の冊子を毎月お届けします。

2 各社社内報の閲覧(会員限定・無料・予約制)

優秀な社内報を表彰する「経団連推薦社内報」受賞作品や、各社・団体から寄贈された社内報(紙媒体)を当センター内で閲覧いただけます。最新の社内報を会社・団体名別(五十音順)に整理するとともに、主要なテーマごとに分類しています。閲覧は、会員である社内広報実務担当者が社内報編集の参考とする目的に限らせていただきます。

3 社内報なんでも相談室(会員限定・無料・予約制)

社内報編集・制作に関するさまざまな悩み・課題をご相談ください。情報収集の方法、企画・編集方針の立て方、社内報のリニューアル法、メディアの活用法などについてアドバイスいたします。また、現在発行している社内報への講評や助言も行っています。

4 「経団連推薦社内報審査」(会員優待料金)

社内報のレベルアップを目的として、雑誌・新聞型社内報、WEB社内報、映像社内報の3部門にて有識者が審査し、応募作品すべてに講評をフィードバックします。さらに、審査結果の中から優秀な作品を選定し、表彰します。

5 各種セミナーの開催(会員優待料金)

スキルや知識の向上を目的に、原稿整理、校正・校閲、リライト、取材・インタビュー、デザインのルールといった各種編集実務や、デジタルカメラでの撮影テクニックの習得、社内報事例紹介、法律知識など、広報関連業務に役立つ幅広いテーマで随時セミナーを開催しています。

社内広報センター年度会費

79,200円(72,000円+消費税7,200円)

※期中入会の場合は月割代金(6,600円<6,000円+消費税600円>×月数)を申し受けます。
※途中退会される場合、お納めいただいた会費はご返却いたしかねます。

ご不明な点がございましたら、下のお問い合わせフォームから「社内広報センター」を選択して、ご連絡ください。

ページトップへ